So-net無料ブログ作成

上腕三頭筋 ダンベルキックバック [筋トレ]




スポンサードリンク










今回は腕を太く見せる上腕三頭筋のトレーニングの”ダンベルキックバック”のご紹介です。





ポイント


・姿勢は背中を気持ち猫背気味にする (胸を張ると背中に負荷が逃げやすい)

・絞り込むと同時に、肩を後方へ引くと長頭へも刺激がいきやすい

・肘を固定することを意識しすぎない (曲げ伸ばしだけの動作にしない為)


この辺りがポイントになってくると思います。

ダンベルキックバックは三頭筋のトレーニングの中でも

ピンポイントで効かせやすい種目で、特に収縮を重視して

ひたすら”絞り込む感覚”というのを感じとりながら行うことが

大切だと思います。

また、キックバックは種目の特徴として

姿勢、体の角度、肘の位置を自由に操ることができるので、

様々な変化を加えることで、効き方も変わります。

上腕三頭筋の人間にとっての本来の役割は、物を投げることもそうですが、

”体側に腕を引き付けて上へ伸び上がる”という動作、

分かりやすい例がプレスダウンの伸ばしきった時の姿勢です。

この動きをイメージすると三頭筋の大きなシルエットとなる

長頭にまで刺激が入りやすいです。

収縮で効かせやすい三頭筋の種目(キックバック、プレスダウン)においては、

とにかくギュっと絞り込むことを第一に考えると良いと思います。

絞り込む為、効かす為に必要な要素、姿勢、肘の位置、体の角度 速度、稼動域

などを考えて実施するのとしないのとでは

成果が全然変わってきます。

筋肉に動作を行うという”労働”にならないように

動作が行えなくなるよう”仕事”をさせましょう[手(グー)]

ということで、今回はキックバックのご紹介でした。

今後も、もっとトレーニングの精度を上げてアウトプットできるよう

努めていきたいと思います。



スポンサードリンク











スポンサードリンク


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。