So-net無料ブログ作成

筋肥大 筋肉を動かす意識を高める [筋トレ]




スポンサードリンク








たまたまYoutubeでロニーコールマンのトレーニング動画を見ていたのですが、

現役の頃と、引退後の体のボロボロ感を見ていて驚きました。



脚のワークアウトの動画です。

ロニーのトレーニングスタイルは元々パワーリフティングを行っていた

ということもあり、大体が高重量を使用するトレーニングでした。

現役時代のスクワットの動画では360kg近くを挙げていましたが、

今回の動画をご覧になればお分かりいただけますが、

さすがに関節の節々が悲鳴をあげていたということですね。

脚を引きずりながら歩く様がなんとも痛々しい・・

スポーツ選手として活躍することを考えれば、それが宿命でもありますが、

ボディビル、ボディメイクを行う上ではプロの世界ではない限り、

無理を強いる必要は無いかと思われます。

体のバランスが良かったり、筋肉の使い方に”センス”がある人は高重量でも

しっかりと筋肉に乗せられ(効かせられ)、且つ間接への負担を分散させることが

非常に見ていて上手いと思います。

日本のトップビルダーの人達も、重量を追い求めつつ効かせるという

スタンスが主流ですね。

その為、あれだけの体を作り上げるには怪我のリスクと常に隣り合わせになります。

以前はそんなに怪我のことばかり恐れていたらいつまでも体が変わらない

と私は考えていたのですが、重さを追えば追うほど持病の腰痛がやはり酷くなり

高重量という考えを捨てました。

言い方を変えれば私には高重量トレーニングは向いていないということです。

高重量になればなるほど、ターゲットの筋肉でウエイトを受けるということを

感覚として失ってしまい、筋肥大という目的から遠のけていったのです。

筋肉でウエイトを受けるためには、まずはやはりマッスルコントロール

そこの筋肉がギュっと収縮させることに始まりますので、

まずは筋肉の使い方の学習が大切です。

そのことを理解したう上での高重量トレーニングなら素晴らしい方法です。



スポンサードリンク








ただ、本当に対象の筋肉を動かす(効かす)ということにフォーカスするとなれば

必然的に重量は下がっていきます。

軽いので効かすというスロートレーニングではなく、

そのやり方になることで自然と重量が下がるという具合です[あせあせ(飛び散る汗)]

筋肉は外部からの”刺激”は分かるが、”重量”は分からないという考えに

基づいたもので、刺激による感覚というのは筋肉に効くキツさを体感します。

重量による感覚は重さを挙げるキツさです。

やはり筋肥大において狙いたいのは前者になります。

私自身も実際にマッスルコントロールを主体にしたトレーニングに変えてから、

6kgのダンベルプレスでも短期間で効果を実感することができました。

胸の筋肉の収縮と伸展によってウエイトが動くという方法で、

腕はただウエイトを支えているだけ、ダンベルプレスだけども

プレスをしないという感じです^^

本当に筋肉に効くと”痛み”と”熱”を帯びて、叫びたくなる苦しみが襲います(笑

たかが筋トレですが探求すればするほど味が出て本当に面白いものになります。

いかに関節に負担をかけずに、筋肉を発達させられるか?

が今後の課題なので、仮に今現在腰痛の怪我が無ければ

このように考えることもなかったのでしょう。

常に自分と向き合って、体のことを理解できるのが筋トレなんですね。

マニュアルに学ばず、筋トレに学ぶということを少しずつ広めていきたいです[手(グー)]















スポンサードリンク


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。