So-net無料ブログ作成

ハンマーカールで密度ある腕を目指す [筋トレ]

今回は前回の二頭筋のアームカールに続き、

主に二頭筋の長頭を刺激するハンマーカールの紹介です。

長頭の他に、腕橈骨筋という前腕の筋肉も関与しますが、

今回は長頭を主体に考えて書きたいと思います。

二頭筋の長頭は、上腕を横から見た時の厚みを演出してくれます。

アームカールだけでも大きな二頭筋をつくることができますが、

ハンマーカールでさらにメリハリのある形に仕上げられると思います。



スポンサードリンク










↑ 今回も自分の動画を使わせていただきます(汗

ネット上では”ハンマーカールは高重量が扱えるので効果的”と書いてある記事を

よく見かけますが、二頭筋の種目で高重量だとやはり刺激が抜けやすいです。

振り回した結果として効いちゃうのなら良いですが、

これもまたテクニック、使い方の問題になるので難しいです。

ポイントは基本的にアームカールとそこまで変わりがないように思いますが

大切だと思うことを何点かまとめてみます。


ポイント

・ダンベルを強く握らない(胸、肩の力みを無くす為)

・グリップは親指、人差し指、中指で軽く支える

・全稼動域において思いっきり二頭筋の力こぶを出し続ける (上げ下げ動作だけにならない様にしっかりマッスルコントロール)

・姿勢は気持ち前かがみの猫背


こんなところになってくるかと思います。

姿勢や、筋肉から緊張を抜かないという面においては

前回書かせていただいたアームカールとほぼ一緒ですね。

ダンベルの向きが変わることで関与する筋肉、グリップが変化します。



スポンサードリンク








二頭筋のトレーニングは本当にちょっとした肘の角度、

グリップの握り方、力の入れ具合によって効き方が全然変わって

くるので、とにかく丁寧にウエイトを筋肉で味わうようなイメージで

鏡がある方は鏡を見ながら的確に動かしていくのがお薦めです!

意識してやっているつもりでも、実際に筋肉が動いていないと

無駄動作になりますので注意したいところです・・

意識するのではなく、どのように動かすと効くのか?

を考えてやっていくとトレーニングが楽しくなります^^

ということで今回はハンマーカールのご紹介でした。

今後も出来れば筋肉を動かす、筋肉に効かせるトレーニングを中心に

記事をアップしていきたいと思います。


スポンサードリンク


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。