So-net無料ブログ作成

奇跡の粉「重曹」 [健康]

http://jyusou.jugem.jp/?eid=1



重曹には癌や様々な病気に対する改善効果がかなり期待できそうです。

最近本当に思うことは、テレビで溢れ返っている情報を鵜呑みにしてしまえば、

いつの間にか癌になったら治療を受けるという流れが

当たり前に思う人々が増えてしまうよう感じます。

がん治療とがん保険について考えてみると、

がん保険で保障が利く為、がん治療を受けさせやすい流れが出来ているよう思います。



スポンサードリンク








慢性病に関するテレビの情報はどれをとっても事実とは反する内容が

ネット上で見受けられますので気をつけたいところです。

さて、奇跡の粉「重曹」ですがスーパーでは手軽に手に入れることが出来、

且つ値段も安いので、ありがたい限りです。

放射性物質の洗浄にも良いということで、

内部被爆による体内の細胞破壊を防いでくれます。

以前から甲状腺のシコリが7年間以上ずっと治らなかったと言っていた

方に重曹水を飲むことを薦めたら、面白いことに

たった一週間程でシコリが治ったのです。

このシコリも良性ではなく悪性の場合は癌になる可能性を秘めています。

今まで色んな治療を受けたり、悪化させないように食事も気をつけていても

治らなかったみたいなので本当驚きです。


重曹の摂取方法。(必ず食品用を選んでください)

一日小さじスプーン一杯程(1~5g以下)を空腹時に

数回に分けて飲むことがお薦めです。

一日5g以上摂取してしまうとナトリウム過剰摂取になるので危険です。

粉のまま飲むと苦味と塩気がきついので、

お湯で溶かして、薄めに作ってみると飲みやすいと思います。


上記で引用した記事
医師.jpg
”イタリアの医師であるトゥリオ・シモンチーニ師は 「癌は真菌症であり、その菌の正体は、カンジダ菌である。」 という今までの常識では考えられないことを発見しました。”

この発見は本当に画期的で素晴らしいですね。



スポンサードリンク









実際に癌治療を受けないで、食事療法だけで自然治癒された方も

いらっしゃいます。

ただ、このことは世の中的には恐らく都合がよろしくないのでしょう。

広めないよう圧力をかけられて報道は出来ないという感じか。

医療の利益に損害が生じるからですね。

今日は早速100円ショップで重曹を購入し、

しばらく続けていなかった重曹習慣を再開することにしました^^

私の場合、体作りやダイエットの関係上、肉食がメインで

野菜不足ということもあり体内の状態が酸化傾向にあると思うので、

本当は野菜を摂るに越したことはないのですが

重曹で少しでもアルカリ状態へ持っていければと考えています。

ところで、現代の日本人の食文化はガンの発症率から考えると、危険のようです。

実際に日本で農耕が始まってからガンや様々な慢性疾患が

流行り始めたという記録があります。

米、芋などの穀物が主食となり、今ではそれらで溢れ返っているのが現状。

主食となる”糖質”が体内でエネルギーとして使われずに残ることで

不完全燃焼を来たすことになり結果”乳酸”が生じて

体が”酸性”へと傾くことになります。

体が酸性の状態は癌細胞にとっては住み着きやすい環境で、

彼らのエサは”ブドウ糖”なので

バランスを考えた食生活へ改善しない限り、

癌細胞の除去は難しいと思われます。

食文化の違いにおいて面白いことは、肉食民族のマサイ族は

ガンになることが全くないそうです。

しかも彼らは野菜や果物も全く摂らず過ごしています。

このことから日本を考えてみると、糖質を多く含む”穀物”の需要と比例して

医療機関の需要も上がっていくというシステムなんですかね?

ダイエット食が病気と直結している事を知ると

とても興味深い内容です。










































スポンサードリンク


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。