So-net無料ブログ作成

二頭筋(力こぶ)を動かす [筋トレ]

今日は上腕二頭筋のトレーニングについていくつかポイントを書いていきたいと思います。

まず、上腕二頭筋とは、いわゆる「力こぶ」のことです。

男性の力強さのシンボルでもあるとは思いますが、

二頭筋のトレーニングに関しては特に力任せにならないように注意が必要です。

単体で肩関節から肘間接にまたがって付着している小さい筋肉なので。



スポンサードリンク








では二頭筋の代表的な種目のアームカールの動画をご紹介して、

ポイントをお伝えしていきたいと思います。



最近少しYouTubeの撮影にはまってしまいまして、

私の動画になりますが、ご了承下さい(笑


ポイント

・無駄な力みを無くすためバーを握りこまない(中、薬、小指は添えるだけ)

・常に二頭筋の緊張が抜けないように動作の終始で力こぶを思いっきり出す

・肘は後ろに引かず、体の少し前で構える(収縮時は自然に肘は動きますがここはOK)

・収縮(スクイーズ)時に最後まで思いっきり絞り込む(トップで手の平を回外させる)

・姿勢は気持ち少し猫背(胸を張ると上半身の力を使いやすくなるため)


ポイントはこんなところになると思います

アームカール本当に人気な種目で、初心者の方もほとんど行いますよね^^

動作を真似するだけでもある程度は筋肉は付きますが、

どの種目でも基本となりますが

ウエイトを振り回さないことがポイントだと思います。

高重量のアームカールでも効く方は良いのですが、

それこそテクニックが必要で難しいです。

怪我のリスクも高まります。

そんな方は、重量を無視してまずは効く重さを探すと良いと思います。

それでも効かない・・という方は



スポンサードリンク










↑     ↑     ↑     ↑

こちらの動画で二頭筋のマッスルコントロールの練習をする必要があります。

このマッスルコントロールを行うだけで、

二頭筋に力が ”ギュッ” っと入る感覚を養ってみると効果的です。

それが出来た上での重量(負荷)選択となってきます。

アームカールは動作自体はシンプルな種目なのですが、、

実際は結構テクニックが必要な種目だと感じます。

未だに鏡を見て動きを確認しながらやらないと負荷が抜けやすいですね・・

ウエイトを動かすのではなく、筋肉を動かす、これに尽きます。

ということで今回は二頭筋の種目アームカールの紹介でした。




スポンサードリンク


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。