So-net無料ブログ作成
検索選択

二重まぶたを自力で作る講座 その2 [美容]

前回の記事で紹介させていただいたマッサージの他に今回は、

まぶた周辺のトレーニングの方法について綴っていきたいと思います。

なぜトレーニングを行うかと言いますと、筋トレと一緒で脂肪燃焼作用を

促進させて、より目元スッキリさせた状態を維持するためです。



スポンサードリンク









顔の筋肉に表情筋という筋肉(口にぐっと力を入れたときに使われる筋肉)があります。

その筋肉が衰えてくると顔全体が引き下がって、ボテッとなります。

tarumi.jpg

イメージとしてはこんな感じです(汗

筋肉は重力に逆らって引きあがるのに対して、脂肪は重力にしたがって下がっていくだけなんです・・

ということで目のトレーニングもしっかり行うことで、シャキッとした目を作り上げます!(笑

今回の目力トレーニング(勝手に名づけました)は簡単です。

①目だけを思いっきり閉じる

ポイントは絶対に顔全体に力を入れないこと。目だけを思いっきり閉じてみてください。
 そうすると、まぶた周辺が疲れてきます!
6a5946e02728b966e2817f1bb405c4e52.jpg
②目だけを思いっきり開く

※こちらもポイントは目だけを思いっきり最大限まで見開くことです。
 この時、同時に眉毛を上に上げないように注意してください。
 上の画像はちょっとおでこにシワが出来てしまってますね・・注意です(汗

時間があるときに①と②をひたすら交互に繰り返していきます。

目を思いっきり見開いてキープ・・

まぶたを思いっきり閉じてキープ・・

本当に地味ですが、繰り返していくとだんだんまぶた周辺がジワジワと疲れてきます!

お家でやるならまだしも、公の場でやると怖い目つきの人に見えるので気をつけましょう(笑

公の場でやるのなら、前回紹介しました真っ黒のサングラスをつけてやっていきましょう^^



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

二重まぶたを自力で作る講座 その1  [美容]

今回は二重まぶたを自力で作っていく方法について書いていきたいと思います。

私は元は一重まぶたで多少なりコンプレックスを抱えていて、アイテムや整形手術なしに

どうしたら憧れの二重まぶたになれるか試行錯誤した時期がありました。

アイプチを使ったりしましたが、やはり一時的でシャワーで流すといつもの一重まぶたに・・

今回は二重まぶたにする為に必要なことを大まかにですが簡単に解説していきたいと思います。



スポンサードリンク








〈準備するもの〉

・温まるタイプのアイマスク

→目の周りの血行不良を改善して、むくみをとりやすくなるのでかなりオススメです。
私は電子レンジで繰り返し温めて使えるタイプを愛用しています。

フェイスタオル

→お風呂やサウナに入っている時も目元に当てて血行を促してあげる時に
非常に便利です。すきあらば血行促進を行うためです。

サングラス

→出来ればレンズが真っ黒で、周りから目がハッキリと見えないタイプが良いです。
サングラスは公共の施設や、乗り物に居ながらも目のトレーニングを人目を気にせず
好きなだけ出来るので結構大切です。

これだけ揃っていればあとは目のマッサージ及びトレーニングを実践し、

定着できるように継続をしていただくと良いです。

私の場合は最終的になれたのは奥二重でしたが期間は2ヶ月もかからないくらいで

定着したのを覚えております。



スポンサードリンク











こちらがそのマッサージの動画になります。

一重の原因の一つであるまぶたの脂肪をマッサージして血行促進させてあげることで

定着へと導いていきます。

マッサージは強くやり過ぎちゃうと目の周辺の皮膚を傷めやすいので、ソフトにやっていきましょう。

目頭の上から目尻にかけてなぞるように流していくのがコツです。

動画の女性も2ヵ月後に二重のラインがでたみたいですね^^




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。