So-net無料ブログ作成
検索選択

奇跡の粉「重曹」 [健康]

http://jyusou.jugem.jp/?eid=1



重曹には癌や様々な病気に対する改善効果がかなり期待できそうです。

最近本当に思うことは、テレビで溢れ返っている情報を鵜呑みにしてしまえば、

いつの間にか癌になったら治療を受けるという流れが

当たり前に思う人々が増えてしまうよう感じます。

がん治療とがん保険について考えてみると、

がん保険で保障が利く為、がん治療を受けさせやすい流れが出来ているよう思います。



スポンサードリンク








慢性病に関するテレビの情報はどれをとっても事実とは反する内容が

ネット上で見受けられますので気をつけたいところです。

さて、奇跡の粉「重曹」ですがスーパーでは手軽に手に入れることが出来、

且つ値段も安いので、ありがたい限りです。

放射性物質の洗浄にも良いということで、

内部被爆による体内の細胞破壊を防いでくれます。

以前から甲状腺のシコリが7年間以上ずっと治らなかったと言っていた

方に重曹水を飲むことを薦めたら、面白いことに

たった一週間程でシコリが治ったのです。

このシコリも良性ではなく悪性の場合は癌になる可能性を秘めています。

今まで色んな治療を受けたり、悪化させないように食事も気をつけていても

治らなかったみたいなので本当驚きです。


重曹の摂取方法。(必ず食品用を選んでください)

一日小さじスプーン一杯程(1~5g以下)を空腹時に

数回に分けて飲むことがお薦めです。

一日5g以上摂取してしまうとナトリウム過剰摂取になるので危険です。

粉のまま飲むと苦味と塩気がきついので、

お湯で溶かして、薄めに作ってみると飲みやすいと思います。


上記で引用した記事
医師.jpg
”イタリアの医師であるトゥリオ・シモンチーニ師は 「癌は真菌症であり、その菌の正体は、カンジダ菌である。」 という今までの常識では考えられないことを発見しました。”

この発見は本当に画期的で素晴らしいですね。



スポンサードリンク









実際に癌治療を受けないで、食事療法だけで自然治癒された方も

いらっしゃいます。

ただ、このことは世の中的には恐らく都合がよろしくないのでしょう。

広めないよう圧力をかけられて報道は出来ないという感じか。

医療の利益に損害が生じるからですね。

今日は早速100円ショップで重曹を購入し、

しばらく続けていなかった重曹習慣を再開することにしました^^

私の場合、体作りやダイエットの関係上、肉食がメインで

野菜不足ということもあり体内の状態が酸化傾向にあると思うので、

本当は野菜を摂るに越したことはないのですが

重曹で少しでもアルカリ状態へ持っていければと考えています。

ところで、現代の日本人の食文化はガンの発症率から考えると、危険のようです。

実際に日本で農耕が始まってからガンや様々な慢性疾患が

流行り始めたという記録があります。

米、芋などの穀物が主食となり、今ではそれらで溢れ返っているのが現状。

主食となる”糖質”が体内でエネルギーとして使われずに残ることで

不完全燃焼を来たすことになり結果”乳酸”が生じて

体が”酸性”へと傾くことになります。

体が酸性の状態は癌細胞にとっては住み着きやすい環境で、

彼らのエサは”ブドウ糖”なので

バランスを考えた食生活へ改善しない限り、

癌細胞の除去は難しいと思われます。

食文化の違いにおいて面白いことは、肉食民族のマサイ族は

ガンになることが全くないそうです。

しかも彼らは野菜や果物も全く摂らず過ごしています。

このことから日本を考えてみると、糖質を多く含む”穀物”の需要と比例して

医療機関の需要も上がっていくというシステムなんですかね?

ダイエット食が病気と直結している事を知ると

とても興味深い内容です。










































nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

海外のプロテインの特徴 [健康]

私はこれまで飲んできたプロテインは外国産がメインだったので、日本産との違いについて書いていきたいと思います。

外国産のプロテインはちょっと前までは、円高の影響もあり非常に安く取り寄せることが出来たので愛飲していました。



スポンサードリンク








なんといっても味がおいしくて、フレーバーにも沢山の種類があるので飽きがこなく飲み続けることが出来ます。

ただ、味付けが外人さん向けと言いますか、大体のプロテインが甘めに作られているので結構甘党の方にとっては良いかもしれませんが、途中でくどくなってくることがあります[ふらふら]

国産の物と比較して飲んでみると分かるのですが、国産はかなり粉が細かくなっていてサラサラとした感じの商品が多いです。

対して外国産は粉がモサっとしていて重みがあり、ちょっとドロドロ感が強いようにも感じます。

サプリメントショップの店員さんのお話によると、外国産はタンパク質意外にもやはり添加物が非常に多く含まれているみたいで、国産に比べたら「品質」は劣るのだそうです。

国産は味や量は劣るかもしれませんが、やはり品質は良いとのこと。

あと、外国産は甘めなのでプロテイン一杯分カロリーも結構高くなります。

一番凄かったのがウエイトゲイナーといって炭水化物がたっぷりと含まれた増量用のプロテインがあるりまして、一杯分で650kcalを優に超えちゃうものを摂ったことがありました[がく~(落胆した顔)]

あれは、あまりの甘さと胃袋に3時間くらい残ってしまう気持ち悪さで普通の食事が疎かになっただけでした(笑

二度と飲まないですね^^

国産は飲みやすく品質が良い商品だと、お値段もそれなりに跳ね上がるので、味は我慢できるという方でしたら、バルクスポーツさんですとか、アルププロンさんが提供しているプロテインが安くてお買い得ですね[ひらめき]

私は、ここ数年はこの2社からしか購入していないです。

http://www.bulksports.com/protein/bigwhey_v2/

↑ バルクスポーツさん

http://alpron.co.jp/individuals/

↑ アルプロンさん



スポンサードリンク








どちらのメーカー様も特徴は不純物、添加物が少なく品質が良い上、価格もお手頃ということです[手(グー)]

アルプロンさんは漫画の「刃牙」とコラボした商品を最近だしていますね(笑

といった具合に、ざっとですが国産と外国産の違いについて書いてみました。

普通のプロテインで私のようにお腹がゴロゴロしちゃうかたはWPI(ホエイプロテインアイソレート)をオススメいたします!

人それぞれ体質、好みなどで合う合わないはあると思いますので、ご自身に合ったプロテインを探してみましょう[ぴかぴか(新しい)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コレステロール [健康]

http://mec-lowcarb.com/theory/04.html



結構前の記事にはなりますが、アメリカの保健機関が今年になってコレステロール摂取量について発表している面白い記事がありましたので引用させていただきました。

日本では卵は一日一個までという言葉をよく耳にしますが、思いっきり覆されましたね^^

コレステロールはホルモン生成に大切な成分なので、むしろ積極的に摂ったほうが良いみたいです。

私は以前から卵は完全食で栄養満点なので一日に個数を気にせずに食べてきましたが、健康診断でも肝臓コレステロール値のことで引っかかるようなこともなく、むしろ健康体でいられました。

ただ、個人差はあるみたいなので人それぞれですね。

自分に合うものでしたら続けても良いでしょう。



スポンサードリンク








このことを考えると日本ではコレステロールを敵に回して宣伝のために「コレステロールゼロ」を用いた商品が沢山ありますね。

「脂肪」「コレステロール」=悪いもの と認識させられてきたのでなんだかなぁと言った感じです。

科学は常に進歩して、世界では次々と新しい事実が立証されていくので色々と追いついていけないのがちょっと悔しい気もします[たらーっ(汗)]

人間は何かと情報に振り回されちゃうので、出来るだけ「カモ」になることを避けていきたいです(笑

コレステロールについて他にも色んな記事を読んでみたのですが、「長寿の秘訣は卵」という記事まででてきました。

ケトン体ダイエットを始めて、日本食の文化を栄養バランスから考えるようになってから、コレステロールやら脂肪やら言う以前に、中毒性のある炭水化物の過剰摂取が顕著だという現状のほうに、私は目がいくようになりました。

人間の体の大部分、髪の毛、皮膚、爪、筋肉、臓器、ほとんどがタンパク質で成り立っているので、もっと日本食に高タンパクな料理が増えない限りは、「脂肪」「コレステロール」って叫び続けられそうですね。

そもそも、日本食は農耕の文化が盛んになってから出来上がってきたので、厳しいですけど[ふらふら]

最近はランチビュッフェでバイキングを楽しむことが多いのですが、太っている人は食べているものを覗いてみると食べる量が多い少ないに関わらず、だいたい共通していることに気づきました。

見ただけで、これは太るはなぁ・・という炭水化物の無限のコラボと言いますか。

特に女性はご飯(お米)は沢山食べないけど、「パスタ」「パン」なら意外と無意識に沢山たべれちゃうのではないでしょうか?

ビュッフェだとそれにデザートもありますから、最強の組み合わせですね^^

この現状が日本人のガン人口を増やしているのでは?

中毒性のある炭水化物は長い目で見れば「麻薬」と同じくらいの危険性を秘めている気がします。

ただ全く摂取せずにゼロではストレスになるので(この状態も中毒なのか)、上手く付き合っていくことが大事ですね。

適度に距離感をおいて、普段から低GI値の炭水化物を優先的に摂るように意識したり、運動の前後だけ炭水化物をしっかり摂るだとか、工夫して付き合っていくことが健康のカギだと考えています。

その生活に慣れてきた頃には、当たり前のように摂取していた炭水化物が意外と何とも思わなくなります。

そして、色んな食材の「うまみ」が分かってきます^^



スポンサードリンク








買い物にいくとどの商品を見てみても、炭水化物だらけの食べ物って大抵安いんですよね・・

それゆえに簡単に手を出してしまいやすいですし、それに馴染みやすくなっちゃいます。

逆に、タンパク質を豊富な食材はちょっと値段が高めです[ふらふら]

その中でも個人的に安いと思うのは「卵」ですね。

あと「鳥の胸肉」「鳥のササミ」このあたりです。

毎日おいしいステーキが食べられれば良いですが、費用が馬鹿にならないので、近頃は一日に卵一パックは当たり前のようにいただいています[ひらめき]

ダイエット中は何より、「食べられる」ということに感謝しています。

そうすると気楽で、食べ物のありがたみ、食材のおいしさが増しますからね。

今晩の夕食は減量中お決まりの夕飯、とり胸肉のキムチ鍋でした^^

暑い時期の鍋もまた楽しめます!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ガン細胞の大好物 [健康]

最近はテレビでガンになったことがある有名人とかの番組をよく見ます。

「ガンになったらすぐに抗がん剤治療を」と推奨しているような内容ばかりですがこれもまた怖い。

抗がん剤治療を行うことで体が蝕まれてゆき、痩せ細り、早くして亡くなってしまう・・

乳酸菌の研究家で有名な飯山一郎さんのブログを見れば、テレビの情報とは全く別の次元が満載で
とても勉強になります。

医療も結局は利権の為に治療を薦めているだけで、医者も早く治療するよう促すのが世の中の仕組みたいです。



スポンサードリンク








インフルエンザの予防接種は打った人が殆どインフルエンザにかかっているという現状、子宮頸がんワクチンにおいては猛毒の副作用で全身麻痺の被害まで及んでしまいました。

ワクチンのやつは問題になるまでは、もの凄いCMで宣伝していたのが記憶に残っています。

もはやテレビが凶器の時代で、日本最大の宗教がテレビだと私は思っています[もうやだ~(悲しい顔)]

これほど恐ろしいツールはないです。

テレビに振り回される「ニンゲン」を増やせば、好き放題出来てしまうんですからね、

今の世の中は常に色んな情報にアンテナを張って、自分の考えををしっかりもって判断できるような力
が絶対に必要です。

少しでもそういう人達が増えて欲しいです。

なんだか勝手に熱くなってしまい、タイトルと関係ない話になっちゃいました(汗

タイトルのガン細胞の大好物についてですが、これが結構興味深い内容で「ブドウ糖」みたいなんです。

「ブドウ糖」は炭水化物(穀物)から摂取するとエネルギー源として使われるものですね。

ガン細胞はブドウ糖を食べて仲間を増やしたり、さらに増大させて進行させるとのことです・・

日本食を思い浮かべると炭水化物がかなり割合多いということもありますし、なんといっても麺類
(ラーメン、焼きそば、うどん、そば)、小麦粉類の料理(お好み焼き、たこ焼き)が美味しいので無意識のうちに過剰摂取になっちゃうものなんだと思います。

それに一緒にビールをグビグビと飲んでしまえば確実にゲームオーバーです[がく~(落胆した顔)]



スポンサードリンク








この現状を打破するのに用いられたのがケトン体ダイエットで、単なるダイエットというメリットだけでなく、体内環境改善、特に糖尿病患者を対象とした実験を実施したという海外の記録も実際にあります。

しかもかなりの低炭水化物ダイエットなので、体内環境も酸性の状態からアルカリ性へと変えてあげることで、ガン細胞にとって居心地の悪い環境を作れるのです^^

私もケトン体ダイエットのおかげで今では炭水化物、とくに主食のごはん、パン、パスタなど殆ど食べない習慣が出来ました。

日本人はそもそも糖質中毒な状態なんだと実感できますよ^^

やはり美味しいもの、特に甘いものは中毒性があり且つ体に悪いんですね[たらーっ(汗)]

ただ、本当の美味しさというのは中毒症状を抜け出したら分かってきます!

皆様もケトン体ダイエット、ぜひお試しになってみてください[ひらめき]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。